蔵王山噴火警戒レベル2に伴う周辺の規制&宿泊施設・スキー場への影響は?

  • LINEで送る

こんにちは!

また不安なニュースが飛び込んできましたね。

 

宮城、山形の県境にある蔵王山が噴火警戒レベル2に引き上げられました。

30日、火山性微振動が多発しているためですね。

”多発”…気になりますね。

 

前回の草津白根山の噴火もつい最近のことですし…。

今回は事前にデータが観測されたため、前回のような被害は少ないのでは?と予想できますね。

 

そして、気になるのは蔵王山周辺の規制や宿泊施設、スキー場などへの影響ですよね。

と、いうことで今回は

  • 蔵王山噴火警戒レベル2に伴う周辺の規制
  • 蔵王山噴火警戒レベル2に伴う周辺の宿泊施設やスキー場の影響は?

をまとめてみました。

蔵王山付近への旅行を計画している方は充分注意してくださいね。

スポンサーリンク

蔵王山噴火警戒レベル2に伴う周辺の規制

蔵王山はこれまで噴火警戒レベル1でしたが、30日午後2時18分から31分にかけて、火山性微振動が多発しているため、気象庁が噴火警戒レベルを2に引き上げました。

平成22年の観測開始以降、最大の火山性微振動とだそうです。

ただ、現在のところ噴火が起きた可能性は低いようですね。

 

気象庁は小規模な噴火の可能性があるとして、

想定河口域「馬の背カルデラ」から約1.2キロの範囲で悲惨する噴石への警戒を呼びかけているもよう。

蔵王山噴火警戒に伴う周辺の規制状況

火山警戒レベル2というのは、

「火口周辺を規制する」

というものです。

現在の警戒レベルならば山形側のロープウェイも普通に営業出来る状況です。
ただし、レベル3になると規制範囲に一部のロープウェイが入る為情報確認は必須となります。
ただ、今冬は雪が多いので活動が山の表面部に及んだ際、融雪型火山泥流が発生して大きな被害が出る可能性もあります。
侮る事だけはないようにすべきでしょう。

引用元:Yahooニュースコメント

コメントにもあるように、周辺施設への影響や規制は無く地図の左上に見える蔵王山ロープウェイも現在はまた普通に営業出来る状態のようですね。

2月4日追記

蔵王山では現在も火山性地震が継続的に起こっているようです。

  • 1月31日 12回
  • 2月1日 4回
  • 2日 5回
  • 3日 1回

平成30年2月3日16時00分 仙台管区気象台発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
蔵王山では、小規模な噴火が発生する可能性があります。想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2kmの範囲で警戒してください。

周辺の方々は侮ること無く、引き続き注意してくださいね。

蔵王山噴火警戒に伴う周辺の宿泊施設やスキー場への影響は?

また、周辺のスキー場なども現在は通常営業しております。

今は冬のため通常河口付近への登山などへの影響は無いそうなので、そこは安心でしょうか?

たまにスキーなどで冬場の河口付近へ立ち入る方がいらっしゃるそうなのですが、今は規制中のため絶対に止めてくださいね。

心配なのは蔵王山に一番近いであろう、

 

すみかわスノーパーク 後見ゲレンデ

かもしか温泉

への影響ですね。

 

その他にも、

  • 蔵王ライザワールド
  • 蔵王温泉スキー場
  • 峩々温泉
  • みやぎ蔵王えぼしリゾート
  • 蔵王猿倉スキー場

など周辺の宿泊施設やスキー場は警戒が必要でしょう。

そして風評被害による影響も心配です。

 

こちらは、蔵王温泉で働いている方のコメントです。

蔵王温泉で働いているものです。
もし御釜(噴火口)で噴火した場合、過去噴石は3.5キロくらいまで飛んだようです。樹氷が見られる地蔵山頂は小さい噴石は飛んでくるかも?
蔵王温泉街は5〜6キロ離れており、噴火口からは山陰になります。樹氷のできる風は日本海側から太平洋側に流れます。噴煙は宮城側に行くと思います。

しかし、自然のことなのでどこで噴火するかはわからないですね。

引用元:Yahooニュースコメント

このようなリアルな情報はうれしいですね。

そして、コメントにもありましたが、自然のことなのでどうなるかは誰にもわかりません。

侮ることはできませんが、過度の心配による地元の方や宿泊施設・スキー場への風評被害も避けたいものです。

今後、新しい情報が入り次第随時アップしていきます。

2月4日追記

現状の分析から、蔵王温泉スキー場や蔵王温泉街の宿泊施設は、水蒸気爆発などでの噴石等の飛来は無いと考えられるため、

通常営業しているようです。

このまま落ち着くことを願いたいですね。

まとめ

現時点ではまだ、蔵王山の噴火警戒レベルは2のため切迫した状況ではありません。

あくまで、火山性微振動が多発したのみです。

周辺地域の宿泊施設やスキー場にも影響は無く通常通りの営業を続けています。

自然のことなので、この先のことは心配ですが、何がどうなるかハッキリした予測はつかないのが現状ですね。

何事もないことを祈ります。

旅行やスキーで蔵王に行く予定のある方々は今すぐ過剰反応せずに対応してくださいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

キヨがお送りしました。

スポンサーリンク

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す