【2018天体ショー】2月・3月・4月・5月に開催される日本国内スケジュールまとめ

こんにちは!

今回は記事というよりは、まとめ中心です!

2018年は1月からスーパームーンや皆既月食、ブルームーンなどで、天体ショーが話題になりましたよね。

では、2月以降の天体ショーはどんな夜空のイベントがあるのでしょうか?

ここでちょいとまとめてご紹介します!

今年はブルームーンが年に2回来る年、そして皆既月食もう一度ありますよ~。

天体ショー関連の記事はこちらから!⇩

スポンサーリンク

【2018天体ショー】2月・3月・4月に日本で見えるスケジュール

まずは2018年2月・3月です。

肉眼や双眼鏡で、一般の方も見て楽しめる天体ショースケジュールをまとめました!

※月齢とは、新月の月をゼロとして計算した日数。
満月はほぼ月齢15です。だから15夜お月さま見て跳ねるんですね~。

2月の天体ショー

2018年の今年は1月に満月が2回おとずれるブルームーンがあったため、2月は満月が来ないんです。

  • 8日(木)

月と木星が接近

8日未明から明け方にかけて。

  • 2月中旬

火星とアンタレスが並ぶ

2月中旬ごろ、未明から明け方の南東の空で見える。最接近は12日頃

  • 12日(月)

細い月と土星が接近

12日の未明から明け方、南東の低空で月齢26の細い月と土星が接近して見える。

3月の天体ショー

2月には満月が一度もきませんでしたが、3月には逆に満月が2回おとずれるブルームーンがみられますよ。

ただ、その他は気軽に楽しめる天体ショーは無さそうですね。

  • 2日(金)

満月 9時51分

  • 4日(日)

水星と金星が大接近

  • 7日(水)

月と木星が近づく

  • 10日(土)

月と火星が並ぶ

  • 11日(日)

月と土星が並ぶ

  • 19日(月)

接近した水星と金星に月が近づく

  • 31日(土)

2回目の満月・ブルームーン 21時37分

4月の天体ショー

4月は流星群が見られますよ~!

  • 3日(火)

火星と土星が接近

  • 23日(月)

こと座流星群が極大

出現期間は4月16日~25日の間

スポンサーリンク

【2018天体ショー】5月・6月・7月に日本で見えるスケジュール

では次に5月・6月・7月の主な天体ショースケジュールをご紹介していきます。

5月の天体ショー

5月にも流星群が見えます!

  • 6日(日)

みずがめ座η(イータ)流星群極大

月の距離が最遠。

スーパームーンのように大きく見えるときもあれば、もちろん逆に小さく見えるときもあります。

6月の天体ショー

  • 28日(木)

うしかい座流星群が極大

なんですが…、ここ数年目立った活動がないらしいんです。

今年は見れるか、未だ不明とのこと。

しかも満月なので、観測条件も良くないですね。

7月の天体ショー

  • 28日(土)

明け方の皆既月食

  • 30日(月)

みずがめ座δ(デルタ)南・北流星群が極大のころ

出現期間は7月15日~8月20日

やぎ座α(アルファ)流星群が極大

出現期間は7月10日~8月25日

  • 31日(火)

火星が地球に大接近

肉眼でどの星よりも明るく見えますよ!

まとめ

2018年の前半、3月はブルームーン、4月はこと座流星群、5月はみずがめ座η(イータ)流星群が見られます。

そして7月には今年2度目の皆既月食や地球に火星が接近する火星大接近もありますよ!

火星は赤く不気味なほど光って見えるそうです。

今から楽しみですよね!!

天体ショー関連の記事はこちらから!⇩

最後までご覧いただきありがとうございました。

キヨがお送りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする