【地震速報】最大震度6弱大阪府北部周辺の被害状況と原因は?今後の余震や津波の心配は?

先程地震速報が流れました。

2018年6月18日

午前7時58分ごろ

最大震度は6弱

震源が海底の場合、津波の心配もあるということです。

震度6弱…被害状況や今後の津波・余震が心配ですよね。

  • 【地震速報】最大震度6弱大阪府北部周辺の被害状況と原因は?
  • 大阪府北部周辺の今後の余震や津波の心配は?

    スポンサーリンク

大阪府北部周辺の津波の心配は?

まず津波の心配ですが、この地震による津波の心配はありません。

震源は海底ではないということですね。

ただし、今後も強い揺れがある可能性があります。

周辺にお住まいの方は、落ち着いて警戒してください。

【地震速報】最大震度6弱大阪府北部周辺の被害状況と原因は?

気象庁によると、6月18日午前8時58分ごろ大阪府北部を中心とした、地震が観測されました。

大阪府北部地震の規模

最大震度は6弱。

深さは10km

マグニチュード5.9

地震発生時のドライブレコーダーの映像です。

車が激しく飛び跳ねる様子が映っています。

各地の震度

【大阪府震度6弱】

  • 大阪北区
  • 高槻市
  • 枚方市
  • 茨木市
  • 箕面市

【京都府震度5強】

  • 京都中京区
  • 京都伏見区
  • 京都西京区
  • 亀岡市
  • 長岡京市
  • 八幡市
  • 大山崎町
  • 久御山町

【大阪府震度5強】

  • 大阪都島区
  • 大阪東淀川区
  • 大阪旭区
  • 大阪淀川区
  • 豊中市
  • 吹田市
  • 寝屋川市
  • 摂津市
  • 交野市
  • 島本町

【地震速報】最大震度6弱大阪府北部周辺の被害状況まとめ

NHKNEWSではあまり被害状況が報告されていませんが、やはり棚が倒れたり電車に遅れが・運休が出るなど、被害が出ているようです。

【追記】大阪府北部西淀川区、高槻市下田部町で、火災が発生しているようです。

激しい炎が上がっている様子がテレビで中継されています。

【追記】関西空港・伊丹空港では遅れはあるものの、発着が再開されております。

【追記】やはりいちばん震度の大きかった高槻市の被害が多いようです。

高槻駅では天井から水が流れ出ています。

また、電車も完全に止まっている状況です。

高槻市の道路は一部陥没し、水が溢れています。水道管に被害がでたのでしょうか。

火災も発生しています。

また、大阪枚方市では、橋の下から水が勢いよく流出しています。

【追記】大坂高槻市栄町の9歳の子供が心肺停止の状態で見つかり、病院に運ばれているということです。

大坂高槻市立樹影小学校のプールの壁に挟まれたということです。

また、大阪市内で複数の人が倒壊した壁に挟まれ、怪我もしくは複数の人が心肺停止の状態になっているということです。

震度6でも仕事に行く日本人って…ってツイートがありました。くれぐれも気をつけてください。

https://twitter.com/sayann121/status/1008490052744142848

家の中は家具が倒れるなど被害が多いようですね。

怪我の情報が入っていませんが、おそらく何件かはあるのではないでしょうか?

地デジテレビの画面が割れるほどの衝撃があったそうです。

救急車のサイレンなどが聞こえるということは、何らかの人的被害があったのかもしれません。

大事で無ければいいのですが。

これは以前震度5弱を体験した方のツイートですね。

震度6弱の怖さが伝わります。

その他、東海道・山陽新幹線など全線、停電などの影響で運転を見合わせています。

また、岡山駅~博多駅の間でも新幹線の運行を見合わせています。

【追記】岡山駅~博多駅で運行が再開されました。

ただし、ダイヤや大幅に遅れているようです。

火事などの二次被害にも十分注意してください。

地震直後から現在8時39分、携帯電話が繋がらず会社や家族に連絡が取れないなど、不安が広がっています。

今の所大きな被害は報告されていませんので、こちらも慌てず、落ち着いて行動してくださいね。

【地震速報】最大震度6弱大阪府北部周辺の原因は?

今回の最大震度6弱、大阪府北部周辺の自身の原因については、この後気象庁による記者会見が行われます。

これについては、情報が入り次第、随時UPしていきます。

【追記】只今気象庁による記者会見が行われました。

  • マグニチュード6.1に訂正。
  • 東西方向に圧力軸をもつ形の地震。東側と西側から圧力がかかったのが原因?
  • 過去の事例では、大きい地震が発生した後は同程度の地震が発生する可能性あり。
  • 特に今後3日~1週間程度は大きな揺れに注意が必要です。
  • 長周期地震動を観測。

この他については、今後の解析が必要とのことです。

震度6弱とは?

震度6弱とはどのくらいか、簡単にまとめてみました。

  • 立っていることが困難
  • 固定していない重い家具の多くが移動、転倒する。開かなくなるドアが多い。
  • かなりの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する。
  • 耐震性の低い住宅では、倒壊するものがある。
  • 耐震性の高い住宅でも、壁や柱が破損するものがある。
  • 家庭などにガスを供給するための導管、主要な水道管に被害が発生する。
  • 停電などもある。
  • 地割れや山崩れなどが発生する。

スポンサーリンク

【地震速報】最大震度6弱大阪府北部周辺の今後の余震は?

2018年6月17日は群馬で地震がありました。

そして、今日18日が大阪府北部周辺で震度6弱の地震が発生しました。

この二つの地震に関連があるかは不明ですが、今後も余震の可能性は十分にあります。

以前西表島周辺で地震があった時も、数分~数時間置きに余震がありました。

島根県で震度5弱の地震があった時も同様です。

大阪府北部周辺にお住まいの方は、今後も注意してください。

まとめ

2018年6月18日大阪府北部周辺で地震がありました。

午前7時58分ごろ

最大震度は6弱

この地震による津波の心配はありません。

ただし、余震については今後1週間程度続く可能性があるため、十分に注意してください。

原因については、この後気象庁による発表があります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

キヨがお送りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする