NHKの指示?Rの法則で山口達也と被害者が連絡先を交換!責任を恐れての隠蔽疑惑浮上!

こんにちは!

5月6日にとうとうジャニーズを引退した山口達也さん。

これで、今回の騒動は終わると思いきや…新たな事実が発覚しました。

なんと!山口達也さんと被害者をくっつけたのはNHKだった!?

この事実が明るみに出れば、NHKの責任問題も免れませんよね?もしかして、それを恐れてわざと隠蔽していたとか!?

後から出てくる事実は、不審なことだらけです。

今回は、

  • NHKの指示?Rの法則で山口達也と被害者が連絡先を交換!
  • NHKは責任を恐れて隠蔽疑惑が浮上!

の2つを主に検証してみます。

Rの法則が別名、何と呼ばれていたのかご存知ですか?

呆れて言葉にならない未成年に対しての、NHKのずさんな管理が見えてきました。

詳細は下で。

一緒に読みたいTOKIO関連記事はこちら!⇩

スポンサーリンク

NHKの指示?Rの法則で山口達也と被害者が連絡先を交換!

山口達也さんがジャニーズを引退してから、早3日…TOKIOファンや山口達也さんファンはまだ立ち直れないかも知れませんね。

山口達也さんが引退したんだから、もうこの騒動も終わりかな?って私も思っていました。

そこに出ましたよ~。

今週発売の週刊文春からの情報です!

被害者NHKのスタッフに言われて…

山口達也さんの被害者は、警察の取り調べに対しこのように証言しているといいます。

「Rの法則のスタッフに言われて、山口さんと連絡先を交換した。山口さんに興味はなかったけど、LINE交換をすることになった」

山口さんに興味はなかった…さすが10代の今どき女子!

そこはさておき、

問題は「スタッフに言われて」という証言!

NHKの番組ですから、当然NHKのスタッフです。

そして、連絡先交換の2ヶ月後に今回の強制わいせつ事件が発生しました。

NHKが山口達也さんに被害者を献上?

このNHKの行為は、パッと見NHKが山口達也さんに被害者の女の子を献上しているかのようですよね?

それとも、そのスタッフが独断で行ったことなのでしょうか?

どちらにしても、これはヤバイのでは?

逆に山口達也さんがNHKスタッフに頼んだ?

逆も考えられます。

NHKスタッフが好んで、被害者に連絡先交換を指示したのではなく、山口達也さんが被害者を気に入り、NHKスタッフに頼み込んだって説も無くは無いです。

山口達也さんは、過去の浮気問題もありましたから、ありえないとは言い切れないですね~。

NHKのRの法則は無法地帯!?

Rの法則には10代の男女が一緒に出演します。

未成年ということもあり、”出演者同士の連絡先交換は禁止”です!

もちろんMCである山口達也さんも例外ではありません。

しかし、それは表向き!

Rの法則は、10代の出演者同士が何組もカップルになっており、

合コン番組

なんて揶揄されるほど!

ある芸能事務所関係者は、週刊文春の中でこんなことを言っていました。

「(Rの法則は)以前から風紀が緩くて、なるべくタレントを出演させたくない番組のひとつでした。そんな番組を舞台に起きた事件だけにNHKの責任は免れないと思います。」

芸能事務所がなるべくタレントを出演させたくないような番組!?

Rの法則はかなりの無法地帯だったようですね。

スポンサーリンク

NHKは責任を恐れて隠蔽疑惑が浮上!

表向き、出演者同士の連絡先交換は禁止!とされているRの法則。

しかし、その禁止事項を破ったのが外でもないNHKのスタッフだったとすれば、NHKは責任を負うべきなのでは?という意見も出てきています。

被害者はまだ未成年です。保護される立場の人間なのです。

大人の安易な考えで振り回されていいわけがありません。

表向きだろうが、なんだろうが、未成年を守るための連絡先交換禁止だったはずです。

それがNHKスタッフに破られた…

しかもこれまで、NHKのスタッフの指示で被害者が連絡先交換を促したことが明るみに出なかったのは、この責任問題を恐れて隠蔽していたから?なのでしょうか?

どちらにせよ、NHKのスタッフが被害者に連絡先交換を指示しなければ、今回の事件も起きなかったのでは?

NHKの反応は?

週刊文春の取材に対して、NHKの反応は以下のとおりです。

「出演者に対しては、法令違反、公序良俗に反する行為、NHKの信用を毀損(きそん)する行為をしないよう契約で定めています」

さらに、NHKスタッフが連絡先交換を指示した事実も確認できない、と回答しています。

事実なら、はい。指示しました。なんて言わないですよね。w

逆に事実じゃないなら、ちゃんと否定すればいいのにね~。w

つまり、NHKの反応は、あくまで出演者の責任だと主張しているのです。

でも、山口達也さんの被害者は警察で「スタッフに指示された」って証言しちゃっていますよ?

そこのところどうなんでしょうかね?

やはり、昔から言われているNHKの隠蔽体質は本当なのでしょうか?

まとめ

今週発売された週刊文春で驚きの記事が掲載されていました。

山口達也さんの被害者は、

NHKのRの法則のスタッフに言われ、山口達也さんと連絡先を交換したらしいのです。

Rの法則は、”合コン番組”なんて揶揄されるほど、管理体制がずさんな番組。

それに加え、今回の山口達也さんの騒動ですから、NHKの責任は免れないのでは?なんて意見も出てきています。

今頃、この事実が明るみに出たのも、NHKが責任を恐れての隠蔽疑惑!

ただし、NHK側はあくまで出演者側の責任だという姿勢を崩していません。

今後、本当にNHKの責任問題になるのでしょうか?今後の動きに注目したいですね。

一緒に読みたいTOKIO関連記事はこちら!⇩

最後までご覧いただきありがとうございます。

キヨがお送りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする