【2018/7/28】皆既月食が東京で見える時間帯や方角&場所やスマホ撮影方法!

  • LINEで送る

こんばんは!

2018年7月28日は今年2回目の皆既月食が見れますよ!

 

前回の皆既月食は2018年の1月31日でした。

この日はなんと、皆既月食にブルームーン・スーパームーンが重なる本当に稀な現象が見られたんです!

東京のスカイツリーの真上に出た真冬の幻想的なブラッドムーンが記憶に新しいですね。

 

そして今回は真夏の皆既月食が見られます!

しかし、明け方の皆既月食のためどこまで見れるか心配ですね。

今回は、

  • 【2018/7/28】皆既月食が東京で見える時間帯や方角は?
  • 【2018/7/28】皆既月食が東京で見える場所やスマホ撮影方法も紹介!

の2つを中心にまとめました。

7月28日の皆既月食は明け方のため、前回ほどのイベントはあるかわかりませんね。

そこで!高給一眼レフが無くてもスマホで簡単にキレイに皆既月食を撮影する方法もご紹介しているのでぜひご覧ください!

 

天体ショー関連の記事はこちらから!⇩

スポンサーリンク

【2018/7/28】皆既月食が東京で見える時間帯や方角は?

hideさん(@hide_katchan)がシェアした投稿

018年7月28日は夜空の天体ショー、皆既月食があります。

皆既月食ってちょくちょく聞きますが、そもそも皆既月食ってどんなものなんでしょうか?

ただ、見るだけより前情報を知っておくとより楽しめますよ!

簡単にご説明します。

必要の無い方は飛ばして読んじゃってくださいね。

 

皆既月食とは

皆既月食とは、太陽からの光でできた地球の”影”の中を月が通過するときに月が赤く見える現象のこと。

つまり、太陽と地球と月が一直線に並んだときに起こります。

太陽と地球と月が一直線だから、当然月は満月。

三日月などの皆既月食はありえないんです。

ちなみに、皆既月食で月が赤く見える理由は、地球の大気層を通過した太陽の赤い光が月面をわずかに照らすためだそうです。

ブラッドムーン

そして、皆既月食などの影響で月が赤くなる現象を

ブラッドムーン

と呼ぶそうです。

「血色の月」とは…より一層幻想的なイメージになりますね。

皆既月食が東京で見える時間帯は?

では、そんな皆既月食を東京で見える時間帯は何時なのでしょうか?

今回7月28日の皆既月食は夜明け前に起こるため、地域によってどこまで見えるかが違ってきます。

明け方なので、日本ではほとんどが皆既月食になりながら月が沈んでしまいます。

それに、日の出時間も重なってしまうため、あまり見えない地域もあるかもしれませんね。

ちなみに、東京で7月28日の日の出時刻は4時46分です。

では、皆既月食が東京で見える時間帯をご紹介します!

  • 月食の始まり:2時12分
  • 皆既月食の始まり:4時29分
  • 完全な皆既月食:5時21分
  • 皆既月食の終わり:6時13分
  • 月食の終わり:8時30分

ありゃ~…。やっぱり月食の終わり時間には完全に朝ですね。

しかし、完全な皆既月食までは見えないかもしれませんが、月が欠けていく様子は観望できますよ!

皆既月食が東京で見える方角は?

2018年7月28日の皆既月食が見える方角もご紹介します!

月がキレイに見えていれば迷うことは無いかもしれませんが。

今回は日の出が重なるので、すでに月が薄くなると見えづらいため、方角は事前チェックしておいたほうがいいかもしれませんよ~。

方角がわからないって方は、スマホやタブレットのコンパスアプリを利用すると便利ですよ☆

 

皆既月食は2時12分に、

南南西の空から始まります!

そこから徐々に西に移動し、5時21分には

西南西の方角で完全な皆既月食となります。

さらに、西へ移動し8時30分には

西の空で部分食も終わっていきます。

 

皆既月食が東京で見えるピークと月没帯食!?

上でもご紹介した通り、完全な皆既月食が東京で見えるピークは、

5時21分31秒!と、言いたいところなんですが…

東京の7月28日の日の出は4時46分なんです。

そしてなんと、月の入りは4時47分…!?

つまりどうなるかというと、

完全な皆既月食になる前に月が沈んでしまうということです。

このように皆既月食になりながら月が沈んでゆく現象を

「月没帯食(げつぼつたいしょく)」

と呼びます。

今回の皆既月食は観察地域に注意しないといけないんです!

そして、少しでも皆既月食を長く見たい!と、言う人は、九州・沖縄へどうぞ☆

九州・沖縄では完全な皆既月食が見れますよ!

詳しくはこちらからどうぞ⇩

【2018/7/28】皆既月食を九州・沖縄で見れる時間帯や方角!場所もリサーチ!

【2018/7/28】皆既月食が東京で見える場所やスマホ撮影方法も紹介!

皆既月食の全てを見れない今回の皆既月食ですが、月が徐々に欠けていきながら明るくなり、だんだんと沈んでいく姿も幻想的で観望のしがいがあると思います!

そこで、東京で皆既月食が見えるおすすめの場所やグッズもご紹介していきますね。

皆既月食を東京で見るおすすめの場所は?

今回の皆既月食は月没帯食なので、少しでも長く見るためには高い場所がいいのではないでしょうか?

高尾山(八王子市)

忘れてはならない星空スポットの高尾山。

都心から電車で約1時間ほどでいくことのできる山です。

アクセスも簡単で、登山道もしっかり整備されているため、初心者でも安心して登ることができます。

頂上付近は開けているため、夜は東京の夜景と皆既月食をいっぺんに楽しむことができますよ。

  • 住所:東京都八王子市高尾町
  • 電話:不明
  • アクセス:京王線高尾山口駅から登山

地図を拡大してご確認ください。

奥多摩湖

奥多摩町にある奥多摩湖。

東京と山梨にまたがる湖で、都心からはかなり離れていますが、都会の光が届かないため、皆既月食などの天体ショーを見るにはかなりおすすめの場所です。

  • 住所:東京都西多摩郡奥多摩町
  • 電話:不明
  • アクセス:JR奥多摩駅からバス マイカーがおすすめです。

地図を拡大してご確認ください⇩

ヤビツ峠

Ucchy-Tさん(@ucchyt)がシェアした投稿

東京ではありませんが、神奈川県のヤビツ峠も皆既月食などの天体ショーをみるにはおすすめの場所です。

ヤビツ峠に向かう途中の「菜の花台」は夜景スポットとしても有名。

  • 住所:〒257-0023 神奈川県奏野市羽根1079-5
  • 電話:0463-82-5111
  • アクセス:小田急線奏野市からバス・東名高速「奏野井IC」から約30分

地図を拡大してご確認ください⇩

同平山

ときがわ町と小川町と東秩父村の堺に位置する標高875mの天体観望スポット!

なんとココからスカイツリーも眺めることができるそう。

車で上がれるため、アクセスもとっても便利ですよ!

  • 住所:〒355-0366 埼玉県比企郡ときがわ町大野
  • 電話:不明
  • アクセス:東武東線小川町駅・東松山ICから1時間

地図を拡大してご確認ください⇩

皆既月食をスマホでキレイに撮影する方法

今回の皆既月食をスマホでキレイに撮影するための方法をご紹介します!

皆さんもチャレンジしたことがあるかもしれませんが、夜の月をスマホで撮影するのって難しいんですよね!

月が小さすぎたり、真っ暗だったり、ブレてぼやけてしまったりで全然うまく撮影できなかった経験があるのではないでしょうか?

月や皆既月食をスマホでキレイに撮影する基本方法

  • 手がぶれないようにスマホを固定
    カラダや手がブレないように壁に寄りかかったり、手すりなどに肘を固定する。
    できれば三脚などの使用がおすすめ!
  • iPhoneでは画面に写った月を長押し
    「AE/AF(自動焦点)ロック」の表示が出た状態で撮影
  • 露出制御ができる機種は明るさの設定を下げる
    画質が高すぎるとキレイに映らない場合がある。画質を下げてみると意外とキレイに写ることも。
  • 双眼鏡などのレンズ越しに撮影
    月をキレイに大きく撮影したいなら、双眼鏡などにスマホを固定して撮影

これだけで今までよりもキレイに撮影出来るはずです。

月をもっとキレイに大きく撮影するためのグッズ

月をキレイに撮影するためには上でも言ったように、手ブレを防止することが大前提です。

そして、もう一つ、月を大きく撮影したいならスマホのレンズに双眼鏡や望遠鏡のレンズ越しに撮影すると大きく写すことが出来ます。

しかし!これがやってみると難しいんです!

騙されたと思ってやってみてください。騙してないです!難しいですから。w

なので、おすすめはスマホ専用の望遠レンズです!

高性能スマホ用双眼鏡SNAPZOOMⅡ

こちらはスマホなのに本格的な望遠撮影が可能な「SNAPZOOMⅡ」。

 

この「SNAPZOOMⅡ」を使いスマホで月を撮影した動画がこちら!

こんなにキレイに撮影できるんです!

これなら高い一眼レフを購入しなくても充分ですよね。

USBで接続!超望遠カメラ

スマホでもパソコンでもUSBで簡単に使える使える超望遠カメラ!

 

USBでスマホに繋げて超望遠カメラで撮影した月の動画です。

こちらもスマホとは思えない美しさですね。

スマホ用ホルダー付き三脚

 

とりあえずスマホを固定して撮影したい方にはこちら!

まとめ

2018年7月28日の皆既月食は、月食になりながら月が沈んでしまう月没帯食です。

東京で皆既月食が見える時間帯は

  • 月食の始まり:2時12分
  • 皆既月食の始まり:4時29分
  • 完全な皆既月食:5時21分
  • 皆既月食の終わり:6時13分
  • 月食の終わり:8時30分

です。

完全な皆既月食は見ることができませんが、月が欠けながら沈んでいくところを見ることができますよ。

また、スマホで簡単にキレイに月を撮影する方法やグッズもおすすめです!

ぜひ活用してくださいね☆

 

天体ショー関連の記事はこちらから!⇩

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

キヨがお送りしました。

スポンサーリンク

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す