【2018/7/28】皆既月食を九州・沖縄で見れる時間帯や方角!場所もリサーチ!

こんにちは!

今回は2018年7月28日に九州・沖縄で見れる皆既月食についてご紹介していきます。

と、いうのも今回の皆既月食は明け方の時間帯に起こるため、日本では皆既月食の全てを見ることが出来ないんです。

前回の1月31日の皆既月食が曇りで見れなかった私にとっては非常に残念!

しかし、日本で少しでも長く皆既月食を見れる地域や場所を探してみました。

ということで、

  • 【2018/7/28】皆既月食を九州・沖縄で見れる時間帯や方角!
  • 【2018/7/28】皆既月食を九州・沖縄で見れる場所もリサーチ!

の2つを主にご紹介します。

私の調べた結果、今回日本では九州・沖縄が一番長く皆既月食を見れるみたいですよ。

天体ショー関連の記事はこちらから!⇩

スポンサーリンク

【2018/7/28】皆既月食を九州・沖縄で見れる時間帯や方角!

2018年7月28日は夜空の天体ショー皆既月食があります

皆既月食ってちょくちょく聞きますが、そもそも皆既月食ってどんなものなんでしょうか?

ただ、見るだけより前情報を知っておくとより楽しめますよ!

簡単にご説明します。

必要の無い方は飛ばして読んじゃってくださいね。

皆既月食とは

皆既月食とは、太陽からの光でできた地球の”影”の中を月が通過するときに月が赤く見える現象のこと。

つまり、太陽と地球と月が一直線に並んだときに起こります。

太陽と地球と月が一直線だから、当然月は満月。

三日月などの皆既月食はありえないんです。

ちなみに、皆既月食で月が赤く見える理由は、地球の大気層を通過した太陽の赤い光が月面をわずかに照らすためだそうです。

ブラッドムーン

そして、皆既月食などの影響で月が赤くなる現象を

ブラッドムーン

と呼ぶそうです。

「血色の月」とは…より一層幻想的なイメージになりますね。

皆既月食が九州・沖縄で見れる時間帯は?

九州と一言に言っても広いので、九州の一番大きな都市がある福岡の時間帯でご紹介していきます。

福岡での詳しい皆既月食情報が知りたい方はこちら!⇩

【2018/7/28】皆既月食を福岡で見れる時間帯や方角・場所&スマホ撮影方法まとめ!

今回、7月28日の皆既月食は夜明け前に起こるため、地域によってどこまで見えるかが違ってきます。

明け方にかかるので、日本では皆既月食になりながら月が沈んでしまうんです。

そして、日の出時間も重なってしまうため、あまり見えない地域もあります。

特に北海道の方では皆既月食までは見えず、部分食で沈んでしまいます。

【九州(福岡)の日の出時刻と月の入り時刻】

日の出:5時27分

月の入り:5時31分

【沖縄の日の出時刻と月の入り時刻】

日の出:5時53分

月の入り:5時57分

では、九州・沖縄の皆既月食の時間帯です。

  • 月食の始まり:3時24分
  • 皆既月食の始まり:4時30分
  • 完全な皆既月食:5時22分
  • 皆既月食の終わり:6時13分
  • 月食の終わり:8時29分

やっぱり月食の終わり時間には完全に朝ですね。

しかし、九州なら完全な皆既月食の赤い月が沈んでゆく様子がギリギリ見れるかもしれません。

皆既月食が九州・沖縄で見れる方角は?

2018年7月28日の皆既月食が見える方角もご紹介します!

月がキレイに見えていれば迷うことは無いかもしれませんが。

今回は日の出が重なるので、すでに月が薄くなると見えづらいため、方角は事前チェックしておいたほうがいいかもしれませんよ~。

方角がわからないって方は、スマホやタブレットのコンパスアプリを利用すると便利ですよ☆

こちらは、はっきりとした情報は出ていないため、東京での方角をご紹介しています。

方角なので東京と九州・沖縄でそこまで大きくは違いません。

皆既月食は3時24分に、

南南西の空から始まります!

そこから徐々に西に移動し、5時22分には

西南西の方角で完全な皆既月食となります。

さらに、西へ移動し8時39分には

西の空で部分食も終わっていきます。

皆既月食が九州・沖縄で見えるピークと月没帯食!?

上でもご紹介した通り、完全な皆既月食が九州・沖縄で見えるピークは、

5時22分です!

九州(福岡)の7月28日の日の出は5時27分。

沖縄の日の出は5時53分。

ギリギリ!?

月の入りは九州福岡で5時31分。

沖縄では5時57分。

こっちもギリギリ!!

つまりどうなるかというと、

完全な皆既月食になった直後に月が沈んでいってしまうんです。

このような現象を

「月没帯食(げつぼつたいしょく)」

と呼びます。

今回の皆既月食は観察地域に注意しないといけないんです!

そして、九州・沖縄ではギリギリ月が赤くなるところを見られるかもしれません!(県や場所により)

皆さん!九州・沖縄へお集まりください!w

スポンサーリンク

【2018/7/28】皆既月食を九州・沖縄で見れる場所もリサーチ!

九州・沖縄では完全な皆既月食の月が見れるようですが、どのような場所で見ればいいのでしょうか?

完全な皆既月食時間にまだ月が沈んでいない県

  • 福岡
  • 熊本
  • 鹿児島
  • 宮崎
  • 長崎
  • 沖縄
  • 佐賀

この中でも長く見れるのは鹿児島・長崎・沖縄の3県。

そして、一番長く皆既月食が見れる県は沖縄です。

おすすめの場所については情報をまとめて後日ご紹介します!

お見逃しなく!

皆既月食をスマホでキレイに撮影するためのグッズ

月をキレイに撮影するためには、手ブレを防止することが大前提です。

そして、もう一つ、月を大きく撮影したいならスマホのレンズに双眼鏡や望遠鏡のレンズ越しに撮影すると大きく写すことが出来ます。

しかし!これがやってみると難しいんです!

騙されたと思ってやってみてください。騙してないです!難しいですから。w

なので、おすすめはスマホ専用の望遠レンズです!

高性能スマホ用双眼鏡SNAPZOOMⅡ

こちらはスマホなのに本格的な望遠撮影が可能な「SNAPZOOMⅡ」。

この「SNAPZOOMⅡ」を使いスマホで月を撮影した動画がこちら!

こんなにキレイに撮影できるんです!

これなら高い一眼レフを購入しなくても充分ですよね。

USBで接続!超望遠カメラ

スマホでもパソコンでもUSBで簡単に使える使える超望遠カメラ!

USBでスマホに繋げて超望遠カメラで撮影した月の動画です。

こちらもスマホとは思えない美しさですね。

スマホ用ホルダー付き三脚

とりあえずスマホを固定して撮影したい方にはこちら!

まとめ

2018年7月28日の皆既月食は、皆既月食になりながら月が沈んでしまう月没帯食です。

しかし、九州・沖縄では赤くなった月が見れるかもしれません。

皆既月食が見える時間帯は、

  • 月食の始まり:3時24分
  • 皆既月食の始まり:4時30分
  • 完全な皆既月食:5時22分
  • 皆既月食の終わり:6時13分
  • 月食の終わり:8時29分

です。

また、スマホで簡単にキレイに撮影出来るグッズもオススメですよ!

ぜひ活用してください☆

天体ショー関連の記事はこちらから!⇩

最後までご覧いただきありがとうございます!

キヨがお送りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする